究極のオカズを求めて

えっちと料理とポケモンと

はじめに

こちらはりうむ@のブログです。

料理、ポケモンの記事を中心に扱っています。サイドバーにカテゴリー別のリンクがございますのでご活用ください。

 

構築記事やレシピの内容に関してご質問等ございましたらTwitter(@lium_at_poke)までよろしくお願い致します。

7/10

今日は主に機能性材料としての金属間化合物のことを習った。磁石って合金じゃなくてインターンメタリックスなのねって驚きだったけどこれまでもSmCo5とかNd2Fe14Bとか書いてたから定義を習った次点で気付くべきやった。

チタンの形状記憶合金、結構身近なものだけど実は合金じゃなく化合物。開発当初は金属化合物って言うと脆くて機械的性質に劣るイメージあったかららしい。いまでも多くのインターンメタリックスは嫌われ者だけどね。いや機能性材料っていうたやんって感じやが、2次元応力状態に近似できる薄板やリボンじゃないと形状記憶しないから構造材料に含めないらしい。形状記憶の機構がマルテンサイト変態だからかな。ここはテスト前までにしっかり調べよう。TiNiはマルテンサイト変態のときに欠陥がほとんど入らないから数万回オーダーで繰り返し変形させられるとのこと。バルクで形状記憶できる材料もできたらいいね。

製錬工学は相変わらず簡単な熱力学をやっただけ。この先生の講義は前回もこんな感じだったし今回も秀狙っていけそう。酸素-硫黄のポテンシャル図はすごく便利そうって思った。

チラシの裏

 広告が鬱陶しいので日記でも。最近はほとんどゲームせずに過ごしている。レポートを書いたり、冶金の勉強をしたり、車校へ行ったり、歌の練習をしたり・・・。あとたまに自慰。またモチベが帰ってきたら楽しんでやりたいなぁ。

【S9序盤】ウツログライ【供養記事】

S9序盤で使用した構築。1900くらいまでは上げられたが、選出択や交換読み択の負担が大きく安定しなかったため解散。

f:id:liumpoke:20180406224439p:plain

 ウツロで毒菱撒いてグライでみがまもして勝ちたかった

ラッキー@輝石

335-*-62-*-148-70 地球投げ/どくどく/電磁波/卵産み

 

グライオン@毒々珠

177-116-146-*-100-161 地震/毒々/身代わり/守る

 

 ヤドラン@メガ石

201-*-255-152-100-50 熱湯/こご風/鉄壁/怠ける

 

 

バンギラス@アクZ

 207-154-130-*-167-82 イカサマ/追い討ち/じしん/吠える

 

 

エアームド@ゴツメ

172-100-209-*-90-93 ドリル嘴/挑発/鉄壁/羽休め

 

 

ウツロイド@スカーフ

185-*-69-179-152-168 パワージェム/ヘドウェ/めざ炎/毒菱

 

 

自炊のすゝめ【鶏ささみのパテ】

鶏肉のパテを紹介します。お好みでつなぎや具を足してハンバーグにしてもおいしいですよ。

 

材料(2人前)

鶏ささみ 200~300g

マーガリン(orバター) 大2~大3

塩コショウ 4振りくらい

ニンニクチップ 少々

その他お好みのスパイス(クレイジーソルトだけで味付けてもよき)

 
作り方

ささみの筋(白くて薄い奴)をとります。どうせミンチにするので雑にとってOKです。

筋を取ったらみじん切りにしていきます。とにかく小さく切ります。ひき肉レベルまで細かくなったらマーガリン、調味料を加えてよくこねます。

ここまでできたらあとは焼くだけ。円形に形を整え、中心をやや凹ませます。中火~強火でよく熱したフライパンに入れ、両面の表面を焼き固めます。表面が焼き固まったら大1~2ほどの水をいれ、弱火にします。ふたをして蒸し焼きにして、中まで火を通してください。

真ん中に竹串をさして透明な肉汁が出てきたら完成!パンに挟んでもよし、ご飯のオカズにしてもよしの絶品です。肉の調味料を減らしてソースをかけてもよいですね。

 アレンジ例

チーズを入れる、乗せる。

パンに挟んでハンバーガーに。

えのきやネギなどをタネに混ぜて健康志向のオカズに。

生のまま嫌いな相手に投げつける。※消費期限を切らしたものに限る

 

自炊のすゝめ【りゅうきゅう風ヅケ丼】

今日紹介するのは大分県の郷土料理「りゅうきゅう」風のヅケ。りゅうきゅうはお刺身を醤油、酒、みりん、ごまなどで作った調味液に漬けたもの。貝割れ大根とかと一緒にご飯に乗せるだけで大変贅沢な気分になれる一品。火を使わないので簡単調理です♪

材料(1人前)

魚のお刺身 1人前(アジなどの青魚やブリのような味の濃い魚がオススメ。)

☆濃い口醤油 大3

☆酒     小1

☆みりん   小1

☆ごま油orすりゴマ 大1

ツマ    適量(薄切りしたタマネギを水にさらした物&貝割れ大根のコンビが最強。)

薬味    適量(生姜とかわさびとか大葉とかお好きなものを)

米     欲しいだけ

☆を全て合わせたものにお刺身を漬けます。その間に器へ熱々のご飯を盛り、ツマを好きなだけ乗せます。そこへ漬けたお刺身を乗せ、漬けダレを適量かけて完成!

 

ツマにタマネギを使う場合は十分に流水で流し、辛味がないことを確かめてください。

簡単安い贅沢が揃うこの一品、是非どうぞ!

自炊のすゝめ【とり雑炊】

どうも、りうむです。寒い日には雑炊がおいしいよねってことで紹介。大変やさしい味に仕上がる一品。夜食や病み上がりにもぴったりです。

 

出汁(2人前×2)

鶏ガラ:1パック(100円分)

昆布:4cm四方くらいの面積分

酒:1/2カップ(90cc)

水:たっぷりと

 

下準備

鶏ガラに熱湯をかけ、流水で血をしっかりと落としておく。

出汁作り

鍋に材料を全て放り込む。水は1L~1.5Lくらい。鍋の8割くらいまで入れましょう。後は火にかけて沸騰してから15分ほど弱火で放置。キッチンペーパーで落し蓋をしておくとアク取りに手間がかかりません。

アクを取ったら完成。半分くらいはタッパーに入れて冷凍して保存できます。油が回るとおいしくないので早めに食べましょう。鍋にしてもよし、スープにしてもよしの淡白な味わい。顆粒タイプの市販品と比べると塩っ気がないため和洋中どれでも扱いやすいです。

雑炊(2人前)

白米:1合~1.5合

出汁:上で作った半分(米がちょうど浸かりきるくらいがベスト)

薄口醤油:好みで調整。大1前後で調整。

塩:少々

以下はお好みで。

卵:1個

白菜:好きなだけ。1枚くらいでよき。

鶏肉:好きなだけ好きな部位を。100gくらいでよき。

生椎茸:好きなだけ。1~2本でよき。

 

米はあらかじめ炊いておきましょう。冷飯でも冷凍でもよき。その場合はチンしておくと早くできる。

ふつふつするくらいまで暖めたスープにまずは粗みじんに刻んだ野菜、肉などを加え、火を通します。火が通ったらアクを取り、塩、醤油、米の順に加えます。米が好みの硬さになるまで煮込んだら、溶き卵を回しいれ、10秒ほど置いてから軽くかき混ぜて完成!