究極のオカズを求めて

えっちと料理とポケモンと

【最高レート2101】ノオースタン【シーズン11、きゅーぽけオフ使用構築】

 修羅の国からこんにちは。今回使用した構築は第五世代に天候パメタとして流行した「ノオースタン」です。天候パこそ減ったものの、環境にユキノオーの刺さりがよくメタ構築としての強さは健在だと思います。オフでは3-5予選落ちと結果を残せませんでしたがレーティングバトルで長い間目標にしていたレート2000を達成することができたので、区切りとして記事を書きたいと思います。

 

追記:9/5にレート2100を達成することができました! ノオースタンはまだまだやっていけると感じたのでこれからも使っていきたいです。

f:id:liumpoke:20150905043712p:plain

‐使用構築‐

f:id:liumpoke:20150821004604p:plain

 ・ユキノオー@メガ石   エナボ/吹雪/地震/礫

 ・ガブリアス@スカーフ  逆鱗/地震/エッジ/毒々

 ・サンダー@眼鏡     10万/†めざ飛†/熱風/ボルチェン

 ・マリルリ@チョッキ   アクアテール/じゃれつく/叩き/アクジェ

 ・クレセリア@ゴツメ   サイキネ/冷b/リフレクター/月の光

 ・ヒードラン@風船    オバヒ/ラスカノ/大地の力/身代わり

ノオースタンの基本をベースに組んだ形となります。

霰+竜+電気+鋼+物理受け+自由枠がメジャーでしょうか。第六世代になって格闘枠は必須ではなくなったと個人的には思います。それでは個別紹介に移ります。

 

-個別紹介-

ユキノオー@メガストーン 冷静HAC振り

f:id:liumpoke:20150821005440g:plain

 ノオースタンのノオー枠。交代読み地震+霰+礫で無振りバシャーモルカリオを突破できるまでAに振り、残りはHC。DL対策しようとしてH実数値が汚くなりました。非メガで無振りマリルリの上をとれたりするのでトリル使わない限り6V安定です。有利対面作って思考停止吹雪と交代読み地震を打つだけの機械。

 ガブリアスボルトロスランドロススイクンクレセリアジャローダ、水ロトムナットレイマンムーといったメジャーポケモンに圧倒的有利をとれ、とても強いと感じました(KONAMI) この子はどの環境でも刺さってますね。

 レボルトの気合い玉でよく吹き飛んでたのでAを下げてDに厚くしてもいいかもしれません(ついでにゲンガーにタイマンから勝てるようになります)。

 

ガブリアス@スカーフ 意地AS振り

f:id:liumpoke:20150821004656g:plain

 ノオースタンのまな板アイドル竜枠。ノオーガブのガブは意地スカだって偉い人が言ってました。ノオーの苦手な鋼、炎タイプを倒すために採用。ボーマンダや舞った最速でないリザードンルカリオなどのストッパーになるためスカーフ。みんながこの子の一貫を作れるように立ち回ります。

 どくどくについてですがナンスにキャッチされたとき、クレセ、ポリ2、ヤドランなどへの交換が容易に読める時に打ちます。ノオーの霰スリップと合わせて高耐久ポケモンをゴリゴリ削れるので自身の火力補佐にもなり非常に便利でした。

 やはりサイクル参加できる高速ポケモンは頼りになりますね。

 

・サンダー@眼鏡 控えめHCS振り(個体値V‐V-V-28-26-28)

f:id:liumpoke:20150830135046g:plain

 ノオースタンの電気枠。アロー受け、削り要因として採用。今回のパーティのMVP。最速マンムー抜きまでSに割き、めざ飛でガブ確2のCを確保して残りをHに。スカーフめざ氷サンダー入りを考えていたところアニリン先輩から「めざ飛積もったけど使ってみない?」と衝撃の連絡。以前から使いたかっためざ飛サンダーをようやく使うことができました。本当にありがとうございました。

 一貫性の高いタイプ一致†めざ飛†により異常な圧力をかけることができ、甘えた後出しを許しません。このパーティ唯一のヘラに勝てる駒で、初手ヘラに合わせて抜かれないことをお祈りしながらめざ飛即決してました(メガったら確実に抜けるので立ち回りは要検討)。単純に読まれづらく、高火力ボルチェンを押し付けているだけでサイクル崩壊できることも多々あり非常に強いと感じました。環境上位のパーティに眼鏡電気の一貫が多かったのも一因だと思います。レボルトとの差別化は技範囲、耐久の違いで十分できていると思います。

 とはいえやはり耐久が心許なく、アロー受けが怪しかったです。もう少しSを下げて耐久に振ってみてもいいかもしれません(メガヘラどうすんの

 

クレセリア@ゴツメ 図太いHBS振り

f:id:liumpoke:20150830141039g:plain

 ノオースタンの物理受け枠。209ガルを抜けるまでSに振り、Hぶっぱ、残りBという振り方です。以前リフゴツメスイクンを採用していた枠ですが再生回復がない、数値が足りないと感じクレセリアに変更しました。この選択は正解で、非常に安定したサイクルを展開することができました。霰とのシナジーが悪いので出すタイミングを考えながら立ち回る必要があります。

 起点になったり秘密雪崩ガルーラが多すぎて役割遂行できずに死んだりするのはご愛嬌。身代わりガルーラも多いのでそのあたりを考えた型も考えたいです。

 

ヒードラン@風船 控えめHCS振り

f:id:liumpoke:20150830155258g:plain

 ノオースタンの鋼枠。だいたいゲンガーを強引に受けたりガルドを燃やす役。あとフェアリー受け。Hはサナの気合いボール耐え、Sは4振りクレセ抜き抜き、残りCです。DL対策調整し忘れてめざ地ポリ2に蹂躙されました。

 ノオードランでサイクルを回せることが多く、非常に扱いやすいポケモンでした。クレセドランの強さも健在ですね。風船を持っていますが、基本的に不意のめざ地で死なないようにするためなので普通に受け出すプレイングもしていきます。

 風船身代わりは一見にわかポイント(身代わりに技が当たっても風船が壊れる)ですが、舞ったクチートを止められる駒がいなかったので泣く泣く採用してます。元々は害悪対策に挑発を仕込んでましたが、ピクシーやクレッフィに運で負けるよりクチートに舞われて終わる構築のほうがよっぽど欠陥なのでこれでよかったと思ってます。

マリルリ@チョッキ 意地HA振り

f:id:liumpoke:20150830155844g:plain

 ノオースタンのうさ耳枠。ここまでで重たすぎるバシャーモウルガモスサザンドラローブシンを見るため採用。努力値はHを削ってBDに回した方が固くなるらしいのでそうします()

 叩きを持っておりラッキーやポリ2を倒せる数少ないポケモン。チョッキを持っているので本来不利のボルトロス、ゲンガー、ライコウを強引に突破したり、サナやニンフと無理やり殴り合ったりと非常に雑な使い方もしてました()。

 竜の一貫を切れるのがとても優秀で、選出画面で見せるだけで安易に逆鱗を打たせないといった仕事をしてくれました。サザンの放射やカイリューの炎pで燃えまくってたので個体変えます。

 

 追記:シーズン終わりに腹太鼓型へと変更して運用しました。サイクル戦にも対応するためHAベースを崩さず、アクアテールを切った形になります。水の一貫が多いパーティも多く、チョッキとは違った強さがありました。どちらかが正解というわけではなく、個人の好みで決めてよい範囲だと思います。

‐最後に‐

パーティ全体として重たかったのは水ロトムガルーラヘラクロス、ゲンガー、ファイアロー、壁構築、バトン構築でした。ガルーラは、クレセリアで受けきれない場合、もしくは壁を残さず積んだ状態でクレセが突破されると負けが確定するので慎重な立ち回りが求められます。ノオークレセマリルリ、ノオードランマリルリといった鈍足ばかりの選出もしますが、しっかりとサイクルを回せば勝てるのでSはそこまで必要ではありません(論者並の感想)。今後もノオースタンでもっと上を目指して頑張っていきたいと思います。

 この記事を読んで少しでもメガノオーに興味を持ってもらえたらうれしいです。ちなみにめざ飛行の代替案としてめざ氷スカーフサンダー、燕鉢巻ガブという選択肢を提案します。この場合はサンダーが抜きエースでガブが削り要因となり、サンダーの一貫を作るような立ち回りが必要になりそうです。

 ここまで読んでいただいて本当にありがとうございました!何か不明な点等ございましたらツイッター:@lium_at_pokeまで連絡お願いします。それではまたお会いしましょう!