究極のオカズを求めて

えっちと料理とポケモンと

【単体考察】HD追い討ちドラピオン【受けループ】

 修羅の国からこんにちは。S12序~中盤で使用していたゲンガナンス入り受けループ に対ゲンガー枠として採用していたHDラムドラピオンの考察を個人のメモ程度まとめておきます(広告を消したいだけ

 

 ドラピオン

種族値:70-90-110-60 -75-95

タイプ:毒、悪

  ゲンガーのタイプ一致技を双方半減で受けられ、サブウェポンも通りづらい優秀なタイプ。性格補正を掛け、ほぼHDに振り切ることでC252メガゲンガーの気合玉も2耐えでき、シャドボヘド爆のような構成に対してはチョッキを持たずとも複数回投げられるためラムのみを持たせられるのが他の追い討ち枠との差別化点(たぶん)。チョッキヘラでは催眠祟り目ゲンガーに安定しなかったためラム持ちの採用を考えた結果ドラピオンに行き着いたが、以下の点が気になって解雇となった。

・火力が足りない(努力値種族値の関係で成功追い討ちでも無振りゲンガーを倒せない)

・汎用性がない(ゲンガー以外にほとんど何もできない、毒タイプ、あくタイプとしての遂行すら危うい)

技はゲンガーへの遂行、起点防止のために追い討ち叩き挑発or吹き飛ばしまでは確定。最後はタイプ一致の毒づきを入れる、岩石封じでサポートする、毒菱で状態以上を撒くなどいろいろ選択肢があるが正直難しかった。

ちなみに同タイプのスカタンクでも同じような型が作れる(追い討ち/噛み砕く/黒い霧@1、特殊耐久はスカタンクのほうが上)が、今回は端数振りで準速ガッサの上から挑発や毒突きを打て、急所に当たらない安定感のあるドラピオンを採用した。

 タイプと技、ギリギリながらも最低限はある耐久で強いと思ったんだけどなぁ…。誰かこの子のポテンシャルをうまく引き出してあげてください…。