究極のオカズを求めて

えっちと料理とポケモンと

【メモ】追い討ち枠

受けループにおいて対ゲンガーを担うポケモンの自分用メモ。

○:安定して後出しから勝てる

△:対面なら構成次第で勝てるor後出しからある程度仕事できる

×:無理

 

バンギラス

対ゲンガー△(気合ボールはんj、身代わりに強い)

対マンダ△(地震持ち。最近のループ対策として多いノーマル炎竜舞身代わりには○)

対テテフ△(ムンフォでそこそこもらう。HDベースなら確3なので打ち合える)

対リザ △(YならソラビでHDでもバイバイ。Xなら一発耐えて返しの岩Zとかで粉砕)

ジャローダ×

オニゴーリ△(砂で残飯を帳消しにしつつ削れるが打点なし。吠えるで流せる)

対レヒレ×

マンムーランドガブ × 餌

→ゲンガー以外にマンダ、テテフにある程度強い。岩Zや氷技採用で遂行までできるが本業が疎かになりかねない。役割破壊を受けやすい点がネックだが数値は高く、吠えるの存在により幅広い立ち回りが可能。

技考察

追い打ち、吠えるは採用理由より確定。

岩技:VSリザガモス Aに振ってZ持たせると一貫するそこそこの火力になる

砕く:VSゲンガー、テテフ サブウェポンで確3以上を取ってくる超、霊への遂行速度を速める技。最近数を増やしつつある瞑想クレセへの安定した打点になる。個人的には準確定枠。

氷技:VSガブマンダランド 無振りでも冷凍Bのが入りそう。

毒々:技スぺは厳しいが砂と合わせてかなりの定数ダメージを稼げる。これを入れると回復ソースがほしくなりがち。

眠る:回復ソース。ラムと合わせるなどして高速回復も可能。サンダーやポリ2を詰められる点、単純に場持ちがよくなる点が優秀。技スぺがない。

 

アローラベトベトン

対ゲンガー○(身代わりには逃げられる)

対マンダ× (起点になる)

対テテフ○ (毒技での素早い遂行も可能)

対リザ×  餌

ジャローダ△ (宿り木あるとしんどいがそれ以外には複数回投げられる。)

オニゴーリ×

対レヒレ△ (怒りなどで削りを入れられるが、概ねこちら有利)

マンムーランドガブ × 餌

→固有のタイプによりゲンガー、テテフ、フーディンなど仮想敵への遂行能力は飛び抜けている。ずば抜けた数値があるわけではないためHP管理は慎重に。叩き落とすと毒手、先制技が地味にえらい。受けまわし選出においてジャロにあと投げできる点は非常に優秀で、立ち回りおよび選出に幅ができる。総じて安定感のある追い打ち枠といえる。

 

ヘラクロス

6世代に一時いたけどアローラベトベトンに仕事を奪われた。催眠祟り目で死ぬ。一応そこそこマンムーに強い。