究極のオカズを求めて

えっちと料理とポケモンと

【S5・最終2020】ゲンガースタン式受けループ

バイトやめてえ。りうむです。ポケモンSMレーティングバトルシーズン5、きゅーぽけオフで使用した構築です。最高レートは2020と中途半端になってしまいました。シーズン6こそ2100めざして頑張りたいですね。

使用した並びはこちら。

f:id:liumpoke:20170703134512p:plain

ポケモン 持ち物 技1 技2 技3 技4
グライオン 毒々玉 地震 毒々 みがわり 守る
ゲンガー メガストーン 祟り目 ヘドロ爆弾 こご風 鬼火
ドヒドイデ 氷Z 熱湯 毒々 黒い霧 自己再生
バンギラス ラムの実 噛み砕く ステロ 追い討ち 吠える
エアームド ゴツメ ドリくち 鉄壁 挑発 羽休め
ラッキー 進化の輝石 地球投げ 毒々 ステロ 卵産み

 

構築経緯

既存のラキグライバンギムドードヒドゲンガーの並びは特にボーマンダリザードンボルトロスなどに崩されやすいため、2枚目の潰し要員としてスカーフバンギラスを採用した。結果、リザ入りとボルト入りに対しては非常に勝率が上がったものの、テテフに崩される場面が目立ちやはりHDでの採用。潰し枠にゲンガーを採用する際に最も課題となるリザードンを倒せるようにするため、これまでのHS鬼火型からCSこご風型に変更した。

個別解説

グライオン(ポイズンヒール)

177-116-146-*-103-158↑

最速ランド抜きの毒グライ。ギロチンが環境に多かったこともあり、毒が非常によく通った。身代わりマンダやゲッコに崩される起点になるもののしっかりと回せばとても強力な駒。対面からならグロガルや剣舞ミミッキュを倒せる。積極的に毒や身代わりを押して優位に試合を進めていけた。スキスワはやめてね。3回くらいミラータイプゲンガーに殺された過去をもつ。

 

 メガゲンガー(呪われボディ→かげふみ)

141-*-100-217-115-200

 こごかぜ+ヘド爆で無振りリザXが大体死ぬまで火力に割いた。当初はシャドボ身代わりを採用していたがテッカグヤへの打点が足りていなかったため鬼火祟り目に変更した。この選択は正解だったようで、よく刺さった。基本的にこのポケモンを通すために周りのポケモンを動かしていく。ステロ展開からの制圧力は圧巻であった。クチート使いのみなさんゲンガーの補助技読んでくれないのでよくふいうちされた。

 

ドヒドイデ(再生力)

157-*-224-73-163-55

普通のHBヒトデ。某大会辺りからやたらとマークが厳しくなったポケモン。バシャルカリオリザXがみんな地震持ってて辛すぎる。交代際に積まれて不意の地震で致命傷を負うためケアが効く氷Z。ミミッキュフェローチェさえいなければヤドランに代えたい。身代わりミミッキュのためにCへ振りたかったがパルシェンへの確定数がずれることを嫌って振らなかった。剣舞雷pバシャ、神通力Zゲッコウガ、剣舞雷pクチートなどのせいでよく頓死した。

 

バンギラス(砂起こし)

207-160-130-*-160-82

砂ダメとおいうちでゲンガー殺す有名な調整のやつ。vsゲンガー、テテフに加えてゲンガーをステロ吠えるでサポートする役割。よく仕事をしてくれるが全体的に過労死が目立った。初手ゲンガーテテフ対面からバンギバックしたら眼鏡気合いボールで死んだときが一番輝いてた。気合いボールゲンガーは無理。ステロを撒くためにガブランドに突っ張らされる悲しみを抱えたポケモン

エアームド(頑丈)

172-100-211-*-90-90

物理耐久がギリギリなのでHBぶっぱ。ガブマンダガル辺りを受けてもらう。メガラグとかギャラ受けるときはギリギリだったくらいしか言うことがない。

 

ラッキー(自然回復)
335-*-62-*-148-70

BDベースのテンプレラッキー。サイクルで疲弊させながらステロを撒けるためこちらにも採用。受けられるポケモンが減ってきており、役割対象に狩られる。変えるならこの枠だろうが、代替できるポケモンも思い付かないため諸説。特に言うことはない。

 

辛かったポケモン

カグヤ入りサイクル、バシャーモ(バトンは無理)、めっちゃ早い挑発サザン、身代わりマンダetc

バシャやガルーラをグライで見る、マンダはゲンガーで上から殴る前提など厳しい選出も多かったのでこの辺りを詰めていければもう少しましになりそうですね。

 

終わりに

雑な記事になってしまいましたは読んでいただきありがとうございました。来期も受けルという名のゲンガースタンで頑張っていきます。それでは。

f:id:liumpoke:20170912171822p:plain