究極のオカズを求めて

えっちと料理とポケモンと

アーゴヨン入り受けループ【シーズン7使用・最終20**】

こんにちは。りうむです。シーズン7で使用した構築は潰し枠にアーゴヨンを採用した受けループです。学業とアルバイトの都合で潜る時間を取れないため一足先に撤退します。インフレシーズンでしたが2100に乗せられず自身の弱さを痛感しました。

 

ポケモン 持ち物 技1 技2 技3 技4
グライオン 毒々玉 地震 毒々 みがわり 守る
アーゴヨン 竜Z 流星 ウェーブ 放射 悪巧み
ドヒドイデ ヘドロ 熱湯 トーチカ 黒い霧 自己再生
バンギラス メガストーン エッジ 地震 追い討ち 吠える
エアームド ゴツメ ドリくち 鉄壁 挑発 羽休め
ラッキー 進化の輝石 地球投げ 毒々 電磁波 卵産み

 

構築経緯

 既存の受けループをベースとし、潰し枠をアーゴヨンに置き換えた。その後、潰せる相手や環境の変化に合わせた微調整を行った。

 

グライオン

177-116-146-*-100-161 

 最速毒グライオン。カバ、ランド、ガルド、ヒードランなどに出す。テテフの上をとる可能性を少しでも上げるためにSを最大まで伸ばした。崩しから抜きまでこなせる構築の軸。選出時は役割を明確にし、終盤までHP管理をするのか、強気に毒や身代わりを打つのかを決めて立ち回る。

 

アーゴヨン

149-*-93-179-93-190

 Zアーゴヨン。受けループで課題となるリザ、マンダ、ボルト、レヒレ、ナット、ツルギなどへの潰しを行う。竜、炎打点のおかげでゲンガーよりも潰せる範囲が広く、潰し対象へワンパンで遂行できる火力があることから潰し枠の適正があると判断し採用。

 持ち物は眼鏡や珠など色々試したが、強みである広範囲の打ち分け性能を確保しつつ瞬発力を補強できるZが最適解であると感じた。珠も十二分に強かったのだが、耐久を削った結果崩されることが多かったためZとした。

 技はリザボルトマンダへの流星群、レヒレジャロや削れた等倍へのヘドロウェーブ、ナットツルギルカリオへの放射、低速サイクルやミラーを崩すための悪巧み。炎技は文字にしても大してうまみのある確定数変化はなかったので命中安定の放射。

 ゲンガーと比べると役割対象に逃げられてしまう点は扱いづらかった。一方、選出画面における誘導力の高さとZや巧みによる崩し性能は特筆に値する。受けループの潰し枠として十分な性能のポケモンであった。

 

メガバンギラス

207-190-171-*-182-92

 HDメガバンギラス。ゲンガー、テテフ対策。ゲンガーの個体数減少からラム以外の持ち物を採用するに至った。今回はもっとも数値の上昇幅の大きいメガストーンを持たせた。鬼火ゲンガーや催眠ゲンガーに逃げられるのはご愛嬌。

 メガシンカによる数値の上昇が大変優秀。等倍でも数値受けが十分可能なレベルになった(D振りハピに近い特殊耐久)。火力も上昇し、無補正Aぶっぱ通常バンギと同等以上の火力がある。物理耐久も半減なら受けが成立するレベルまで上昇しており、身代わりのないボーマンダには強い。

 技はサイクルカットの追い討ち、起点回避&身代わりゲンガー対策の吠える、アーゴヨン及びゲンガーへの遂行技としてじしんまでは確定。あとひとつの最適解は分からなかったが、後続への負荷を多くすることで相手のサイクルが先に崩れる試合が多くあったため間違いではなかった。他にイーブイバトンや瞑想クレセ対策の噛み砕く、ラス1でも起点回避できる岩石封じ、マンダへの冷凍pなどが選択肢。

 

エアームド

172-100-209-*-90-93

 HBエアームド。ギャラ、マンダ、グライ、グロスなどへの駒。テンプレ。+2霊Zミミッキュへの乱数が動かないところまでBからSに割き、ミラーで挑発を通しやすくした。Hを落としてSに配分すると霊Zミミッキュへの勝率が下がるため非推奨。

 

ラッキー

335-*-62-*-148-70

 デブラッキー。特殊全般を見る。アーゴヨンの処理ルートを増やすために電磁波を採用した。テンプレ。

 

ドヒドイデ

157-*-224-73-163-53

  HBヒトデ。ミミッキュやバシャを見る。剣舞雷pバシャ、剣舞リザX、身代わりマンダなどに毒を入れるためのトーチカを採用した。テンプレ。

 

選出

基本選出は存在せず、こちらの3匹で相手の6匹を見れるように選出を考える。アーゴヨンの役割対象がいる場合にはアーゴヨンが通るように取り巻きと立ち回りを考える。特定の並びへの選出などの質問はツイッターのリプまたはDMまで。

 

厳しい相手

 バシャバトン、バンギラス、身代わり剣舞ランド、カグヤ、ドラン+毒・麻痺の通らないアゴの役割対象(ツルギ、レヒレ、ボルトなど)、ランクルスなどは厳しい。カグヤや低速ポケモンはグライのギロチンで多少緩和されそうだが、毒を切ると著しく安定性を欠くので立ち回りでどうにかしていくしかない。