究極のオカズを求めて

えっちと料理とポケモンと

自炊のすゝめ【鯛めし】

どうも、りうむです。今日紹介するメニューは安価に手に入る鯛のアラ(頭や骨)を使った鯛めしです。高級なイメージがある料理ですが家庭で簡単に作れるのでお試しあれ

 

材料(米2合分)

米:2合(少なくても多くてもよき。増減させる場合は調味料も同じ割合で増減させる。)

鯛アラ:1パック(カマ(胸ヒレの部分)があると豪華になるがなくてもよき)

薄口醤油(なければ濃い口でもよき):大さじ1

みりん:大さじ1

酒:大さじ1

昆布:1かけら。なくてもよき。

 

下準備

鯛の頭、背骨をフライパンで焼く。油は引かなくてもOK。こんがり焼き色が付くまで焼く。頭には鱗が付いているので気になる人は焼いてから皮ごと取り除く。

アラの中にカマや肋骨(薄い身に何本も骨がある)は焼かなくともOK。カマは鱗が付いていることが多いので、鱗が気になる人は同様に焼いて皮ごととっておく。これで下準備は終わり。

 

炊く

普通の米を炊く要領で炊飯器の釜を使う。研いだ米にまずは調味料を加える。その後米の量に応じて普通に米を炊くのと同じラインまで水を入れる。その後鯛アラを全部乗せる。昆布もこのタイミングで入れる。入れたら炊飯器で普通に炊飯。

炊けたらアラを取り出して骨を取り除く。身をごはんに混ぜて完成。下準備で鱗を取らなかった人は骨を取り出すタイミングで皮ごと剥がしてとってください。

 

安価においしいものを食べられるのでよかったらどうぞ。アラは養殖でも十分いい出汁が出ます。スーパーでよく割引シールが貼ってあるので2~300円でおなかいっぱい食べれます。

 

この鯛めしに昆布出汁をかけると鯛茶漬け風になっておいしいのでオススメ。